2016年06月15日

伊達の黒船の謎

黒船.jpg黒船1.jpg
仙台藩祖伊達政宗に命じられた家臣 支倉常長らを乗せて海を渡った
慶長遣欧使節船サン.ファンバウティスタ号の造船地はここ石巻市雄勝の
呉壷(くれつぼ)に記念碑が建てられていますが
黒船2.jpg
呉壷地区には1935年に建立された石碑がある、いままで造船地を
めぐっては古くから論争があり牡鹿半島南岸の同市月浦一帯とする
説が有力だったそうです
黒船3.jpg船.jpg
最近、造船地と出航の地が雄勝町呉壷だとゆう説がでていますよ
建造地と出帆地は特別な事情がない限り造船地を意味するそうです。
(撮影地 石巻市 雄勝町 )
posted by ひまわり at 22:12| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
造船・出帆に興味をもっていただいて、ありがとうございます。
じつは、新聞記者が勘違いして記事にしたので一部に間違いがあるのです。造船地は雄勝町呉壺で、出帆地は「雄勝浜月の浦」すなわち、出帆地は当時「遠島つきのうら」と呼ばれていた現在の「雄勝湾」であるという説です。自費出版の冊子を読んでいただければそのように書いたつもりです。よろしくお願いします。
Posted by エンドウ ミツユキ at 2017年07月19日 10:49
ミツユキさんこんにちは、以前から雄勝方面に
出かけた時からとても関心をもってましたよ
ご指摘ありがとうございます、あの震災にも
負けなかった、サンファン号が後、数年で
取り壊しとのこととても残念です。
Posted by ひまわり at 2017年07月19日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック